誰のための洗濯表示?

先日買った綿100%の帽子。
日差しが強いので、ツバが広めでUVカットのものをチョイス。

結構目立つところに「洗濯表示」が付いていたので取り外そうとしたら・・・

えっ?オール ×

どういうこと?

綿100%の帽子ですよ。

しかも!

「汚れたとき毛先の柔らかいブラシや、よく絞った濡れタオルで取り除いて下さい」って。
あ~これは、消費者のためではなくクレーム回避のための表示ですね  😥

みんなが試着した帽子をそのまま被るのはイヤなので、中性洗剤で手洗いして、ピンチハンガーを使って干しましたが、もちろん大丈夫でしたよ。
トップの丸みがつぶれないようにするには、ザルに被せて干すといいそうです。

クレーマーにいちいち対応してるとこういうことになるのかな~?
自己責任って大事だと思うな。

洗濯表示(平成28年12月)

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/pdf/laundry_symbols_161111_0001.pdf